MiyaBソフトウェア 2013/06/21
更新
ソフトウェアのご紹介

CS Editor 3

概要 スクリーン
ショット
特徴 基本仕様/
ダウンロード
不具合/
変更予定
送金を
連絡する

概要

CSVデータ専用の編集ソフトです。豊富な編集/検索/置換機能により、迅速、確実、直感的に目的のデータを作成することができます。
フリーソフトの旧バージョンはこちらです。
「窓の杜」の紹介記事はこちらです。


スクリーンショット

CS エディタ 3 のイメージ図です。


特徴

  1. 表の最大サイズやUndo回数の制限はありません(ご利用のPCの環境(メモリ量等)にのみ依存します)。
  2. 豊富な編集/検索/置換機能で、目的のデータを迅速、確実に作成できます。
  3. データ形式は、CSV、SDF、タブ区切り(CSV型)、タブ区切り(SDF型)に対応しています。
  4. 文字コードは、日本語Shift-JIS、日本語EUC、日本語JIS(ISO-2022-JP)、Unicode(UTF16-LittleEndian)、Unicode(UTF16-BigEndian)、Unicode(UTF8)に対応しています。
  5. 簡易ソートや印刷、保存不可状態でのファイルオープン、IMEの状態表示、ファイルやURLジャンプ、コンデンス、セルマーク、暗号化保存、等の豊富な付加機能があります。
  6. 従来のバージョンより更に使いやすくカスタマイズできます。

基本仕様/ダウンロード

ソフト名CS Editor V3.5.10
ファイル名SCSVED3510.lzh(インストーラ無し)
ファイルサイズ659KB
公開日2013/6/21
動作環境 対応OS:Microsoft Windows 98 日本語版、Microsoft Windows XP 日本語版、Windows Vista 日本語版(Windows Me ,Windows2000 ,Windows NT は動作確認しておりませんが、動作報告は頂いております)
なお、バージョン3.1よりプログラム内部をUnicode化しております。一部機能はWindows NT または Windows 2000 以上で動作します。
Vista でご利用の際のご注意点
(お手数をお掛けいたします)
◆プログラムによるの拡張子設定はエラーとなります。変更は以下の手順でお願いいたします。
・エクスプローラで、起動プログラムを変更するCSVファイルを右クリックして[プロパティ]をクリックします。
・プロパティ画面の「全般」タブのファイルの種類の「変更」ボタンをクリックします。
・プログラムの選択画面の右下あたりにある「参照」ボタンをクリックして、インストールしたCSエディタ(SCSVED.exe)を指定します。
◆初期状態ではヘルプを参照できません。ヘルプ起動時に表示される「Windowsヘルプとサポート」に記載されているWebサイトをご参照の上、ご対応のほどお願いいたします。
ダウンロードここをクリックして下さい
前バージョンからの主な変更点 ・ツールバーのカスタマイズを行うと、次回起動時から表示ボタンが不正となる不具合を修正。
・ファイルI/O時に列幅を自動的に保存/適用するオプションを追加。
・セルのコピーまたは切り取り操作の性能対策を実施。
・UTF8で保存し再度開くと、日本語Shift-JIS以外の文字が?マークで表示される不具合を修正
・ファイルオープン時の区切り文字指定を追加。
・LFのみの改行コードで保存する機能を追加。
・1行、または1列分のデータのみをソートする機能を追加。
特記事項 ・Unicodeはご利用のフォントによっては正常に表示されない場合があります。
・シェアウェアとさせて頂いております。お値段は税込み840円です。試用期限はありませんが、試用期間中は以下の制限があります。
・オプション設定等のアプリケーション情報が保存されない(起動時は常に初期状態となる)。
注)シェアウェア代金の振込先について

Vectorからのお支払いが便利です。 ベクターからのお支払い


不具合/変更予定

バージョン番号が太字の項目は、対策中、またはほっぽってある検討中の案件です。
バージョン 内容 暫定処置 対応
3.5.9 ツールバーのカスタマイズを行うと、次回起動時から表示ボタンが不正となる。 ありません(ツールバーのカスタマイズは行わないよう、お願いいたします)。 バージョン3.5.10で対応いたしました。
全バージョン Unicode のタブ区切りのデータを開いた際に、ダブルクォーテーションで囲まないセルデータのカンマが区切り文字となってしまう。 ありません。 バージョン3.5.9で対応いたしました。
全バージョン 大量のセルのコピーまたは切り取りに時間が掛かる。 ありません。 バージョン3.5.7で対応いたしました。
3.5〜3.5.5 UTF8で保存し再度開くと、日本語Shift-JIS以外の文字が?マークで表示される。 ありません。 バージョン3.5.6で対応いたしました。
全バージョン 改行コードをLFのみで保存したい。 現状ではできません。次期バージョンにて対応する予定です。 バージョン3.5.5で対応いたしました。
3.5〜3.5.2 固定行/列の設定した状態でヘッダをDrag して範囲選択時にスクロールしない。 スクロールバーでのスクロールをお願いします。 バージョン3.5.3で対応いたしました。
3.5〜3.5.2 固定行/列の設定後に検索すると、セルが見つからない場合がある。 一旦選択セルを移動後に検索をお願いします。 バージョン3.5.3で対応いたしました。
全バージョン 列数が不揃いなデータを保存時に、行末の(未入力セルの)区切り文字を除くオプションを追加 仕様変更を検討中です。(時期、対応予定バージョンは未定です) バージョン3.5.1で対応いたしました。
全バージョン Vistaでのヘルプ表示 Vistaでご利用の際のご注意点をご覧願います。 HTMLヘルプに移行中です。
3.0〜3.5 セルの編集モード時にIMEの切り替えをしても、IME表示が変わらない場合がある。 いったん選択モードとしてIMEを切り替えることで表示されるようになります。 調査中です。
3.0〜3.2 F2キー、またはF3キーによる検索で見つからなかった場合、その後にキー操作が効かない場合がある。 上、または下矢印キーを何回か押すとキー操作できるようになります。 バージョン3.3で対応いたしました。
3.0〜3.2 大量のセルのコピー、及び貼り付け処理に時間が掛かる。 ありません。 バージョン3.3で改善いたしました。
3.0〜3.2 大量データの置換処理に時間が掛かる。 ありません。 バージョン3.3で改善いたしました。
3.0〜3.2 全て置換中に「キャンセル」ボタンによる中断が効かない場合がある。 何度も「キャンセル」ボタンを押すと効きます。 バージョン3.3で対応いたしました。
3.1、3.2 Unicode(UTF-8)で保存した場合に改行コードが無くなる。 ありません。 バージョン3.2/R2で対応いたしました。
3.0、3.1 Undo回数設定後にエラーとなる可能性がある。 一旦アプリケーションを終了し、再起動すると新しい回数が有効になります。 バージョン3.2で対応いたしました。
3.1 大きなファイルのI/Oに時間が掛かる。 ありません。 バージョン3.1/R3で対応いたしました。
3.1 検索文字列の補完機能を有効にしている場合、日本語入力時に異なる文字列となる可能性がある。 補完機能を無効(検索ダイアログの「検索/置換文字列補完機能」のチェックを外す)にしてお使い頂くようお願いいたします。 調査中です。(バージョン3.1/R2でデフォルトでOFFにしました)
3.0、3.1 日本語Shift-JISの8,192バイト以上のデータを開いた場合、途中でデータが抜ける場合がある。 調査中です。 バージョン3.1/R2で対応いたしました。
3.0、3.1 日本語EUCのデータを開いた場合、途中で文字化けする場合がある。 調査中です。 バージョン3.1/R2で対応いたしました。
3.0 LFのみの改行コードで改行されない。 ありません。 バージョン3.1で対応いたしました。
3.0 Unicodeファイルを読み込んでも、日本語Shift-JISキャラクタセットに無い文字は文字化けする。 ありません。 バージョン3.1で対応いたしました。

このページの一番上へ  Topページへ

(C) yuji-miyashita 2002-2009. All rights reserved.  お問い合わせ